千葉大学教育学部同窓会

国立大学法人 千葉大学

教育学部創立150周年記念事業

ごあいさつ

町田 義昭
千葉大学教育学部
創立150周年記念事業会
会長 町田 義昭

千葉大学教育学部の発議により事業会がスター卜いたしました。
私は設立にあたり会長に推挙されました同窓会長の町田です。よろしくお願い申し上げます。令和4年(2022年)まで余裕がありませんが、事業会の組織を中心に関係者の皆様の総力で成功させたいと願っております。
この記念事業の目的は2つあると考えています。1つは、150年の歴史を振り返りその事跡を確固たるものにすること。もう1つは、より優秀な教員を輩出させるという社会の要請に的確に応え、教育学部の立ち位置と更なる発展を見据えて歩み出す事です。
これらの目的を達成するため皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。
主体は、大学側となりますが、2022年(令和4年)に150周年という大きな節目を迎えるためのこの事業を、大学と教育学部同窓会との密なる連携で推進していきます。

目的
創立150周年の節目の年を記念し、干葉大学教育学部の150年にわたる歴史を振り返り、その業績を顕彰して後世に引き継ぐとともに、教員養成支援に必要な事業を展開することを目的とする。
寄附目標金額
5,000万円
募集期間
令和元年12月1日より令和4年9月30日
寄附金の募集について
個人1口5,000円できれば2口以上お願いいたします。
法人1口10,000円できれば10口以上でお願いいたします。

募金要領【払込方法】

千葉大学SEEDS基金を通じてお払込いただきますが、使途の特定についてご注意ください。

方法1

銀行・郵便局からの振込をされる方は、お電話にてご連絡ください。後ほど振込用紙を送付させていただきます。本取扱票で払い込むことによって、全額が本事業に寄附されます。

方法2

クレジットカードによる寄附は、ホームページを使って寄附ができ便利ですが、使途を特定しないと、寄附金は本事業のために使用されません。以下の①~⑤の手順により、必ず『教育学部150周年記念事業への支援』を選択してください。

1

千葉大学ホームページにアクセスして【千葉大学へ寄付する】をクリック

2

千葉大学SEEDS基金にアクセス
トップページ、中央下部【寄付する】をクリック

3

クレジットカードによるご寄付はこちら】をクリック

4

寄付目的のプルダウンから【個別プロジェクトへの支援】を選択

5

支援先のプルダウンから【教育学部150周年記念事業への寄付】を選択

6

この後は手順に沿ってお進みください。

詳細につきましては、「ご寄付のお願い」パンフレットをご確認ください。

事業内容

  • 150周年記念式典
  • 記念彫像の建立
  • 1号館1階壁面にギャラリーの設置
  • 記念誌の発行
  • 現役学生のための教員養成支援事業(10年間)
  • 募金活動

事業部会

各事業の部会長は大学から、副部会長は同窓会からの人選で事業を推進。

  • 式典部会
  • 記念碑部会
  • 壁面ギャラリー部会
  • 記念誌部会
  • 教員養成支援部会
  • 募金部会
  • 広報部会

進捗状況

これまでの流れ

2019年(令和元年)7月3日(水)
千葉大学教育学部創立150周年記念事業会発足(大学が発議)
内容:事業会の会則及び組織を決定した。事業案の検討をした。
2019年(令和元年)7月20日(土)
恒例の同窓会理事会開催と同時に、同窓会としての150周年記念事業推進事業会を開催した。
内容:全体会(記念事業会の会則・組織・事業内容の説明等)分科会(各部会に分かれて今後の活動内容の説明等)
2019年(令和元年)8月24日(土)
同窓会の定期総会を開催した。
周年事業に関する内容:記念事業会の会則・組織・事業内容について承認された。
2019年(令和元年)11月30日(土)
記念事業の常任幹事会・幹事会・事業推進委員会を開催した。
内容:全体会(記念事業の概要説明と協議等)分科会(各部会に分かれて今後の活動内容の説明、検討等)
2019年(令和元年)12月
千葉大学SEEDS基金(シーズ基金)の封筒に同封して、同窓会員に「創立150周年記念事業寄附のお願い」を郵送した。(令和2年と3年の12月にも同様に送付予定)
2020(令和2年)2月7日(金)
記念事業会の常任幹事会と幹事会を開催
内容:記念彫像について記念碑部会より提案。各部会の報告等。2020(令和2年)3月前年度までのSEEDS基金(シーズ基金)高額納付者に、「千葉大学創立150周年記念事業寄附のお願い」を郵送した。

各事業部会の活動内容について

  • 式典部会
    2022年(令和4年)の秋に記念式典開催とし、会場の確保、式典の内容案について検討している。全体会の内容は、記念講演、記念シンポジウム等の案がある。全体の記念式典の後、記念祝賀会実施にあたっては、移動手段はできるだけ短時間での会場確保案を検討している。
  • 記念碑部会
    教育学部1号館南側に、記念となる「彫像」を設置する。場所の詳細は検討中。現在、作成者の選定、見積もり経費案、作成日程等を検討している。完成は、2022年(令和4年)の春を目途にしている。完成時には、除幕式も実施予定。
  • 壁面ギャラリー部会
    教育学部1号館1階西側の廊下等の壁面を利用して、千葉大学教育学部の歴史や現在の活動の様子等を掲示する。できるだけ視覚に訴える内容にする計画。大学祭やオープンキャンパス時には多くの訪問者があることから、研究活動を含めた、大学のPRも兼ねる。さらに、外国の訪問客も年々増していることからも、英訳した内容でも示す方向で検討している。
  • 記念誌部会(学部、同窓会それぞれの分冊として編集する予定)
    同窓会は、主に、昭和47年(創立100周年)以後の50年間の記録としての記念誌を作成。現在、既に全国から、年代層別に原稿が寄せられ、校正の段階に入っている。大学の歴史や同窓会発行の会報の歴史、千葉大学の校舎や寮の歴史、同窓会の活動の歴史等、150周年を振り返るに相応しい内容が盛りだくさん編集される。2022年(令和4年)3月に発刊の予定。累計4万円以上の寄附金納入者には無料贈呈。
  • 教員養成支援部会
    この記念事業の大きな目玉となる事業。周年事業後の、10年間に渡り、教育学部学生の教員養成支援をしていく。教員採用対策や教員養成セミナーの開催等、教職経験豊かな同窓生を活用する。
  • 募金部会
    目標額は、5000万円。高額寄附者には、記念切手、記念誌の贈呈や氏名の掲示等を行う。
    現在、計730万円の寄附金が寄せられている。今後もさまざまな機会、あらゆる手段を講じて、目標金額に達するよう、千葉県内はもとより全国に呼びかけていく。
  • 広報部会
    ホームページや千葉大学の諸活動や行事等を活用して、周年行事の広報活動を実施していく。さらに、現在の千葉大学教育学部、未来に向けた教育学部についてのPRもしていく予定。

ページの先頭へ